玄関ドアを交換するときの注意点

玄関というのは、外から見られる部分で、毎日開閉する部分ですから、劣化もしやすいため、快適な空間にするためにはリフォームが必要となります。

ドアのリフォームの方法はいくつかの方法があります

従来なら、玄関周囲の壁や内装を壊して、全体をリフォームするというのが一般的でしたが、この場合大がかりなリフォームが必要となりますし、工期も長くなってしまいます。

近年では、周辺の外壁や内装を壊さずに、ドアだけを取替えることができるようになったため、手軽にリフォームを行うことも可能となっています。

できるだけ工期も短く、コストも抑えようと思った場合には、カバー工法がおすすめです。

カバー工法は、既存の枠の上から新しい枠を取り付けて新しいドアを設置するという方法で、壁や内装を取り壊す必要もありませんから、1日で作業を終了させることができます。

ただ、業者の中には悪質な業者も存在し、相場よりも高い金額を請求してくる場合もありますから、平均費用以上の額を請求する業者には気をつけましょう。